ゲーム感覚で本音の出会いができるコミュニケーションゲーム「ほめげー」の魅力とは?

ゲーム感覚で本音の出会いができるコミュニケーションゲーム「ほめげー」の魅力とは?

仕事しているともっとこの人と仲良くなりたいのに、コミュニケーションがいまひとつワンパターンに終わりがち。。。

そんなことってありませんか?

今回はゲームを通して深く交流できる「ほめげー」を紹介します。

他の部署の知り合いがほめげーを何年か前にやったことがあって、とっても楽しかったので、社内でほめげーを研修で取り入れたい言われて社内で開催することになりました。

本音の出会いができるコミュニケーションゲーム「ほめげー」の魅力

ほめげーは私が大好きなコミュニケーションゲームです。
4人1組になって順番にカードを引いてカードに書かれているテーマを短時間でアウトプットして、聞いてた側もインスピレーションでほめる!というシンプルなゲームなんだけど、これが本当に面白い!

1時間くらいなんだけど全く知らない人同士でもゲームを通して本音で楽しく交流できてあっという間に仲良くなれるんです。

仲のいい人でもお互いの関係性って固定しちゃうこともありますよね。
でも、ほめげーというゲームを取り入れた途端に今まで見たことのない一面がたった1時間で見えちゃうんです。

場作りに向けて真剣に考えてくれる姿勢に感動

ほめげーを社内でやるのは私にとってもはじめてのチャレンジでした。
だからこそ最高の場を創りたい!最高の関係性を創りたい!と思って、一緒に住んでいる仲間に協力してもらい、プレゼンの練習やシミュレーションを何度もしました。

仲間も私が夜遅く帰ってくるまで待ってくれたことにも感動したし、真剣に考えてくれてアイデアもどんどん出してくれたことにも感動しました。

そして、社内でほめげースタート!

あっという間の1時間だったけど、「とっても楽しかった!」「いつも一緒に仕事しているけど普段なら気づくことができない同僚のいい面とたくさん出会えた」「またやりたい!」ととっても好評の場が開催できました。

相手の「観点」と出会えることで深く循環できる

私にとってのコミュニケーション革命は普段のコミュニケーションとは違い「観点を気づかせ合うコミュニケーションの場をクリエイト」すること。

そして、その場のクリエイトに大切なことは楽しみながら本音が語れること。
そこでほめげーのようなツール、観点に気づき合えるツールはとても大切なんです。

その人がなぜその言葉を発していて、その行動をしているのか、その背景について考えたことはありますか?

必ずその「言葉」「行動」にはその人独自の「観点」が働いています。
でも、私達はその観点にお互いに気づくことなく何気なくコミュニケーションをしています。

言葉、行動の奥に隠れている観点と出会うことができれば、なぜその人がその言葉、行動を取るのかの背景がわかって、その人を深いところから理解することができて、深い循環を起こすことができます。

いつも会う同僚、会社の仲間と楽しく、深く交流できるツール、「ほめげー」。
もし体験したい人がいたら声をかけてくださいね!

relationshipカテゴリの最新記事