考え方を受け入れること

考え方を受け入れること

先日、友人とのやり取りで自分自身の思考のクセに気が付きました。

1つ何か見ると、考え方が先走り、答えを出して結論つけてしまうのです。

言葉も、全体で文章文脈で受け取らず、部分の単語で受け取ります。しかも、それは自分のヒットする単語を自分のヒットするイメージの中だけで。

これって、結構怖いことでもあるんです。

自分勝手な解釈が、そもそもズレるコミュニケーションをさらにさらにズレさせ、まったく思ってもいないコミュニケーションをとってしまい、わかり合えない関係性を作ってしまうのです。

だいたい、人それぞれ過去の経験体験からつくられた、今のその人の現在地でもあります。

私は、人に確認する、気持ちを伝えす自己完結の中で、今まで思い込んで生きてきました。

もう、この生き方を変えたいと思っています。この生き方しか選択できない人生を進化変化させたいからです。

同じ自分のパターンとしか出会えずにいることは、それ以上でもそれ以下にもなれずに死んでいくのです。

働くことも、交流も、生き方も大きくは変わらずにずっと同じ繰り返しで生きるのです。

そんなの、つまらない。

どうせなら、75億人もいること、この世界の中を知った上で、自分のパターン喪道具にした上で、選択し未来を規定して創り上げていく未来がいい。

まずは、自分のパターンに気づくことから始まります。問題発見と発明です。

無意識で行われるこの自分のパターンにに気がつくことができる、セッションというものがあります。

ご自身の原体験を一緒に紐解いていき、まずは、そのパターンのみで生きていることを自覚する。

そこから、新しい自分を創り出していくきっかけをつくるセッションです。

ご興味あればご連絡ください。

relationshipカテゴリの最新記事