2019年2月

  • 2019.02.28

伝わらないコミュニケーションスタイル

昔の私は、かなり人見知りが激しくて、人と対話すことがなかなかできませんでした。自分の思いが伝わらない恐怖があったからです。 いつも自分の頭の中で物事を考え、分析し、自己解析自己完結する。だから自分の思い込みの中にどっぷりと浸かっていた、わかり合えない苦しさと共に生きていました。 まるで生きる屍のよう状態の中、「何で自分が生きているのか」「何でこの世に生まれてきたのだろうか」と何度も考える日々。この […]

  • 2019.02.21

マクロな私の夢

【VISION 私の夢】 コミュニケーションの力量と共同体意識の次元上昇を通して、日常のマンネリを突破し、気づき、感動にあふれ、愛と平和、そして夢が、川や水のように流れる時代にすること。 【WHY その背景には】 すべての問題を解決するために一番必要なことは、コミュニケーションに対するイメージの変化が必要だから。 →自分の原体験 【How to そのためには】 2つの視点。 1.コミュニケーション […]

  • 2019.02.18

肩の荷が降りそう

何事にも軽やかなエネルギーで対応するまりっぺにビックリ。 なんだよー!!!そんなに軽い乗りで物ごと考えて良かったのかよっ!と、いうことに気が付けました! 今までどんだけ質量を重くしてたのかしら。。😂ブラックホールみたく(笑)やっと肩荷が降ろせそう🤗 という、出来事に出会いました! 共に軽く、深く、清く、潔く、熱く参りましょ❤️

  • 2019.02.17

自分は相手、相手は自分

昨日は、久しぶりに飲みつなげをしました。 イベントで会ったことをきっかけにお友達となった方と、同じ教育コンテンツを学んだ友人をつなげ、3人でお食事したのです。 お2人とも私にとってはとても魅力的であり、共通点もありました。 何かに対しての愛が深い方たち。 1人は、秋田地域活性化のための秋田リライズ協会を設立。うつ自殺ワーストナンバー1の秋田。その出身の彼女は、熱い思いを持って、リライズ協会の設立に […]

  • 2019.02.10

ちゃんとしなければならないという思考はどこからくるのか

ちゃんとしなければならない。 真面目さがあるゆえ、何をするにも、この観点が働きます。 120名との共同生活の中で、名前を覚えなくてはならないと思ったり。 何かをしなければならないと思ったりは、本当によく出会います。 この観点は、いったいどこから作られて、今もなお、それこそが正義だと思い込んで気がついたらこうしなければならないと選択してしまうのか。 自分のこの観点は、環境に大きく影響を受け、作られて […]

  • 2019.02.09

ソーシャルアパートメント15日目

2019年1月20日に神奈川県川崎市から、埼玉県和光市に引越ししました。 今日で15日目。 私が描く日々の生活スタイルに近づいて来ています!体感覚的な視点と、心感覚的な視点で書いてみます。 ◆体感覚的なライフスタイル 空間の朝の活用 0615 スタジオで30分のストレッチ 0700 オンラインで新リーダーシップ論を聞きながら、朝ごはんと支度。 0748 通勤電車でブログを書く 0900 出勤 ◆心 […]

  • 2019.02.08

nGame(インダストリー5.0)

昨日、はじめてインダストリー5.0用のnGameを体験しました。 nGameは、2種類あります。 1つ目は、Noh Jesu 1day用 2つ目は、インダストリー5.0用。 1つ目はどなたでも受講できますが、2つ目はインダストリー5.0セミナーを受けなければ難しい内容となります。 そして、nGameのサイトに書かれていたのは、「自ら思考の出発点を理解する」 http://www.nr-japan. […]

  • 2019.02.07

42 〜世界を変えた男〜 鑑賞&シェア会を考える

2/11に映画のシェア会をします。 この映画を観ようと思ったのは、友達のりょーまからのおすすめがあったから。 だけど、たまたま私が学び続けている、nTech技術のセミナーでも話題になっていたそうで、時代を象徴するような旬な映画を見ることになりました。 シェア会をするにも、まずは見たほうがいいだろうとのことで、みんなよりも1足早くアマゾンプライムで鑑賞しました。 鑑賞しシェアをした時に、どんなテーマ […]

  • 2019.02.06

自分のクセ発見!

期待に応えたい! でも…本当は、応えたくない。 自分の1つの観点(原体験からくる知らないうちに作られたパターン)に気が付きました。 ある時から今までやってきたこと、自分がやりたかったことなど、得意だったことをやりたいと思わなくなったのです。 例えば、デザインの制作。 資本主義の世の中なので、生活するためのお金は必要です。デザイン制作は、そのための仕事の1つでしかないと思ったのです。 本当の意味でわ […]