なりたい自分を見つけるゲーム

なりたい自分を見つけるゲーム

昔は、自分を変えたくて変えたくてその思いだけがありました。自分が嫌いだし、自信もないし、なんで私は存在しているのだろう?存在する価値はあるのか?と、生き苦しさをずっと抱えながら感じながら、ただ生きていました。

自分が思いつくままに、できないことをできるようにしようとしていました。でもどうせダメな自分なんだと決めつけていたので、そんなにうまくは行かず、失敗し凹む、やっぱりだめなんだ…とダメな自分のイメージを蓄積していました。

nTech技術に出会って、なぜうまく行かないのか、その原因がわかりました。

そもそもアイデンティティが変化していない。つまり、木で言えば根っこが変わらないから、お花はそれなりに咲く。さらに、土壌も変わっていないので、根っこは腐りやすく、何とか頑張ってもかなり頑張らないと持続不可能、途中でエネルギー切れを起こします。

まずは、自分の範囲を超えないと、自分の範囲の中のままでは、本当になりたい自分になれない。さらには、そレが生まれた環境を見なければ難しくもある。

自分が何者なのかもわからないまま、小さなアイデンティティの中の範囲で勝手に小さい自分を決めつけるのは、本当になりたい自分でしょうか?

みんな究極の質問と答えを探しながら、人生を歩んでいる。そこに出会ってから観る世界は比べものにならないくらい、システムが組み込まれています。

ひょっとして、自分で範囲を決めつけて、周りに合せて作る画面にしていませんか。この観ている世界は、自分が創る画面なんです。じぁ、主人公の私は、どんな映画を創ろうとしているのでしょうか。

nTech技術は、人生を映画のように創れます。まるでVRの仕組み、マトリックスの世界です。

Story of my lifeカテゴリの最新記事