新元号、令和の時代を生きる!

新元号、令和の時代を生きる!

美しいと思わせる、日本の元号が誕生しました!!!(^^ゞ

令和(れいわ、Reiwa)は、日本の元号の一つ。平成に代わる次の元号で、大化から数えて248番目の元号だそうです。しかも今や、元号を使っているのは日本だけらしく。

あらためて令和の意味を考えてみました。

令は、垂直のイメージ
和は、水平のイメージ

号令をかけ、一点に集中する縦の力と横のつながりで一致団結、時代を日本の精神を持って美しく変化させていく。こんなイメージの印象があります。

漢字を見ると、今、1、和。
今ここ意志と共に生きる。
Noh Jesu氏のブログに書かれている解析も読んだ上であらためてそう思いました。

新しい時代を迎えるために、この元号がもつ深いイメージと共に、自分に旗を立て、今ここを生きる決断ができる大自由な自分になる!それが必要と思いました。

そして今ここ最高に美しく生きることができる道具がnTech技術です。

nTech技術を、電話で例えるなら、有線の電話は線が届く範囲でしか通話ができません。無線の携帯電話やスマホは、それよりも範囲が広がり電波が届く所まで広がります。さらにスマホは、自分でコンテンツをカスタマイズでき、応用活用の範囲が広がります。

nTech技術をスマホで例えるなら、スマホを手にして、自らが操作し、より便利により楽しめるようカスタマイズできる状態のこと。さらに、スマホを手にしているので、外の立ち位置から便利なアプリケーション機能を新しく創り出せる状態でもあります。

nTech技術を使って生きるとは、これから先、激動する時代を生きるために便利な道具を手にしたこと。これから誰もが手にしたくなる!というよりは「必要な道具」なんです。

この先の時代がますます楽しくなる生き方に変わります。

dailyカテゴリの最新記事