チームプレーの面白さ

チームプレーの面白さ

最近のわくわく

nTech技術を学んだ仲間とのチームプレー!なんだろこのわくわくは。

今までは、自分なんて大嫌いだったし、ましてや人は怖くて何も話せなかった。

母親にも合わせて生きてきたもんだから、自分が何を考えているのかまったくわからなかった。

こんなに人とのコミュニケーションができないのに、どうしたらいいのだろうかと。

イベント行っても本を読んでも人のありがたいお話を聞いても、結局自分次第。自分に自信がないのにこうやったらいいああやったらいいと言われても到底無理な話だった。

どうやって生きていこうと迷っていたときに、nTech技術と出会った。

自分とは何なのか、どの範囲を自分と思うのかでアイデンティティが変わる。そのアイデンティティは、想像を遥かに超えるものだった。

それを知った私は、アイデンティティが変わった。自分という範囲のアイデンティティではなく、日本というアイデンティティ、世界、地球、宇宙、そして観点の外に。

本当の自分は、無限のアイデンティティだった。そうなると自信がないとかあるとか、そんなこと関係なくなった。関係しているのは、そもそも全ては1つのところからはじまった多様性だった。

1つからの多様性とわかってのチームプレー。違いから入るのではなく、共通の土台から意識が入っているからぜんぜん違う。

人類歴史、共通の土台を明確にし共有できる状態にしたのは、Noh Jesu氏がはじめて。この宇宙の仕組みは、全人類が欲しがる、究極の答えであり、解決策なんです。

だからチームプレーができるのです。

relationshipカテゴリの最新記事