何に合わせて生きるのか

何に合わせて生きるのか

私は、ずっと誰かに合わせて生きてきた。

それは、最初母親だった。

いつも、その場にいる一番エネルギーの強い人の判断基準に合わせて生きてきた。

その生き方が本当にいいのか。

その場に、エネルギーの強い2人が入れば、このAさんに合わせたり、Bさんにの言うことに合わせたりとする。

結局どうしたいの?

どうしたいのかなんて、合わせて来たからわからないのだ。

nTech技術と出会って、本当は何を合わせたらいいのかやっとわかった。

判断基準はみんなばらばらに持っている。だから、誰かに合わせることは不可能。しかも条件状況に合わせて無意識にも意識的にも変わる。

だから、その相対世界の中にいないで、その外に出たところに判断基準を置き、全体観察できる状態になること。

そして、相対世界の判断基準を選択できる状態になることが重要だと思います。

それが、観点の外にでた状態です。

この基準になった時に、全てがわかり、そして、何に合わせて生きていくのがいいのかわかりました。

全ては1つなんだ。

1には、全てが入っているんだ。

relationshipカテゴリの最新記事